J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

企業事例1 ダスキン 現場の知恵を引き出す仕組みワークアウトで問題発見力育成

問題を問題として認識し、改善するには、現場の人間が主体性を持って考えなくてはならない。ダスキンが展開するフードサービス、ミスタードーナツ事業本部では、ワークアウトという問題解決手法を導入することで、現場スタッフが主体的に問題点に気づき、改善案を提案する職場へと風土をつくり変えていった。その導入時の経緯、職場への浸透・定着のプロセスから、問題発見力や、問題への感度を高める職場づくりのヒントを学びたい。

残り:3,570文字

/

全文:4,760文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

香田 次郎 氏
ミスタードーナツ事業本部 MDカレッジ 学長
桝本 太健 氏
ミスタードーナツ事業本部 MDカレッジ 研修室 室長
大館 弘美 氏
ミスタードーナツ事業本部 MDカレッジ 研修室 トレーナー

ダスキン
1963年設立。清掃用具のレンタルサービス、環境衛生サービス、店舗販売によるフードサービスなど、多岐にわたる業態でフランチャイズビジネスを展開。1971年に第一号店が開店した「ミスタードーナツ」は、現在では国内1347店舗(2011年3月末現在)を持つ事業として成長。アジア圏を中心に海外にも展開を広げる。
資本金:113億円(2011年3月31日現在、単体)、売上高:1773億円(2011年3月期、連結)、従業員数:2033名(2011年3月31日現在、単体)。

[取材・文・写真] = 石原野恵 [写真提供] = ダスキン