J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

Opinion 2 「そうかもしれない思考」で高める問題発見能力・感度

問題解決のためには、そもそも問題を“問題”として捉える視点が欠かせない。しかし現在、変化が速いビジネス環境や、多くの情報が溢れる中で、じっくり物事を考え、多様な可能性に思いを巡らせることができなくなっている。和田秀樹氏は、精神科医、大学教授、受験指導塾運営、評論家、映画監督と多くの顔を持ち、年間40冊近い著書を刊行する。さまざまな問題に取り組む和田氏の、問題発見の視点はどのようにして身につけられるのか。問題発見能力習得や、感度を高めるためのポイントを聞いた。

残り:1,722文字

/

全文:2,296文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

和田秀樹(わだ・ひでき)氏
国際医療福祉大学大学院 教授/和田秀樹こころと体のクリニック 院長
1960年、大阪生まれ。東京大学医学部卒。東京大学附属病院精神神経科助手、アメリカ・カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学)。精神科医、受験アドバイザー、政治・経済の評論家、映画監督として活躍。心理学、教育問題、老人問題、人材開発、大学受験などの領域を中心に、著書多数。近著に『経営者の大罪』(祥伝社/刊)、『10年後も食える人 1年後すら食えない人』(青春出版社/刊)他。

[取材・文・写真] = 石原野恵