J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

Opinion 1 大きな目標を持つことが問題発見感度を高める

問題発見とは何か。問題発見感度を高める方法はあるのか――。それは、大きな夢を持つことだ、と日本学術振興会理事長で工学博士の安西祐一郎氏はいう。では、どうしたら、大きな夢や目標を持てるのか。それは生きることだ―― 問題発見・問題解決のメカニズムと鍛え方について脳科学にも詳しい安西祐一郎氏に聞いた。

残り:3,452文字

/

全文:4,603文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

安西 祐一郎(あんざい・ゆういちろう)氏
独立行政法人 日本学術振興会理事長
1946年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院工学研究科博士課程修了。カーネギーメロン大学人文社会科学部客員助教授、北海道大学文学部助教授、慶應義塾大学理工学部教授を経て、93年~2011年同理工学部長、01年~09年慶應義塾長。専攻は認知科学、情報科学。著書に『心と脳』(岩波新書)、『問題解決の心理学』(中公新書)、『認識と学習』(岩波書店)、『教育が日本をひらく』(慶應義塾大学出版会)などがある。

[取材・文・写真] = 髙橋美香