J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年10月号

連載 ワンワード論語 第2 回 「信」

前回は、自分の外にある知恵や情報を自分の中にインプットする「學」、そして、それらの学びを自分に当てはめ、どう実践すればいいのかと考えるプロセス「思」を取り上げました。今回は、「學」「思」を経て、発言や行動としてアウトプットした結果、あなたにもたらされる「信」を学びましょう。

青柳 浩明(あおやぎ・ひろあき)氏
安岡活学塾常任講師、(財)岩崎育英文化財団勤務。幼少から40年論語を学びSE、PM、経営企画他、多くのビジネス現場で実践を積む。ビジネス論語の伝播活動として企業等で講演研修を実施中。ビジネス論語スクール主宰。日本経営品質賞審査員他。

[文] = 青柳浩明 [イラスト] = 秋葉あきこ

私たちが自分を表現する手段は、「言」(言葉または文字)か、「行」(実行)かの2つに集約されます。「言」や「行」をアウトプットした結果、周りからあなたに与えられる人間的価値が「信」。その文字が表す通り、「『言』を実行する人」というワードです。

その大切さを教えてくれるのが、下の今月の論語1。「信」がないと、“可なるを知らざるなり”―― 何も任せてもらえませんし、ましてや、あなたの思いや願いに誰も耳を傾けてくれず、何もうまく運ばなくなる、と教えてくれています。

● 周りから信用されていますか

よく、ニュース等で“信を問う”という政治家の発言を耳にします。実はその出典は『論語』で、「信」は人間社会を構成する基盤です。横断歩道を安心して歩行できるのも、ビジネスで契約を締結できるのも、お互いにルール・約束事を守るはずと「信」を置いているからです。一方で、おしゃべりな人に秘密を打ち明けられない、約束を守らない人に大事なお願いをできないのは、「信」を置けないからです。

誰もが大切にしそうな「信」ですが、その教えが2500年間もの長きにわたり伝承されているのはなぜなのでしょう。それは、誰しも「信」の重要さを理解してはいるのですが、いざ実行するとなると、自分の都合を優先させてしまうことが多いからなのです。“損するかも” “苦労はしたくない”などと感じ出すと、何事も面倒になりますよね。その感情に流されてしまい、実行しなかったり、約束と違うことをしたりすると、「言」と「行」が不一致になり、「恥」につながります(図表)。「恥」という感覚は人間だけが有し、私たち人間と動物を決定的に隔てるものですが、それを見失ってしまうのです。

約束を守らない人に対して憤った際に使う“恥を知れ”という言葉がありますが、その真意は“人のくせして約束を守れないの!”ということなのです。自分の都合や感情は理解できるけど、恥を知れといわれるような人にならないように、ということで、「信」の教えがあるのです。

● 同じ「バカヤロウ!」でも……

さて、今年1月、厚生労働省でパワーハラスメントの行為類型が示され、その1つに「暴言など精神的な攻撃」という項目があります。このことを、今回の「信」との関係で考えてみましょう。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:846文字

/

全文:1,691文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!