J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年10月号

企業事例3 パナソニック エコソリューションズ創研 退職OBの活用で連結企業・サプライヤーの製造力を強化

ものづくりの高度化やグローバル化が進み、企業の存続は、連結企業、サプライチェーンなどを含めた改革・効率化が不可欠になっている。そんな中で、連結企業・サプライヤーの経営体質強化と人材育成に力を入れているのが、パナソニック エコソリューションズ創研。ものづくり人材の育成こそ重要な課題という同社にその狙いと仕組みを伺った。

残り:3,832文字

/

全文:4,790文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

加藤 憲男 氏>> 代表取締役社長
岡村 武司 氏>> 専務取締役 技術製造推進担当
吉川 章 氏>> 技術製造コンサルセンター 所長

パナソニック エコソリューションズ創研
1992年設立。コンサルティング、研修、審査・診断、研修コンテンツ開発事業を行う。経営体質強化をめざし、経営戦略とSCM(サプライチェーンマネジメント)の視点から、幅広い領域の課題解決をトータルにバックアップする。
資本金:3億円、従業員数:280名(提携コンサルタント、講師含む)(2012年8月現在)

[取材・文・写真] = 梶 文彦