J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年10月号

企業事例1 アイシン高丘 ものづくりの基盤技能を育成するPMマスター研修制度

自動車関連の鋳物を生産するアイシン高丘は、TPM活動の高さで知られるが、その基盤になっているのが、ものづくりの「核」となる班長クラスを育成する3ヵ月間のPMマスター教育である。30年間もの長きにわたり継続されている、このプログラムの概要とは。

残り:3,103文字

/

全文:3,879文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

水野徳秋 >> 総務部教育センター チームリーダー

アイシン高丘
1960年(昭和35年)3月設立。基盤である自動車部品事業の拡大と技術の向上をはかるとともに、そのノウハウを他分野で活かし、新たなビジネスの創造をめざす。
資本金:53億9600万円、売上高:1944億円(連結、2012年3月期)、従業員数:2446名(2012年3月31日現在)

[取材・文] = 梶 文彦