J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年10月号

Opinion 1 生産現場をその目で観察して「問題発見力」を高める支援を

現在、日本企業のものづくりを支える現場人材の構成と育成は、どのような課題に直面しているのだろうか。急速に生産拠点のグローバル化が進む中で、今後重要なのは、現場に深く入り込み、自力で現場を変えていくリーダーであるがそのようなリーダーの育成には、どんな視点を重視すべきだろうか。自身が現場に入り込んで研究を行ってきた河野宏和教授に、企業、人事に求められる環境づくりと取り組み姿勢について聞いた。

残り:3,408文字

/

全文:4,544文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

河野 宏和(こうの・ひろかず)氏
1980年慶應義塾大学工学部卒業、1982年同大学院工学研究科修士課程、1987年博士課程修了。同年慶應義塾大学大学院経営管理研究科助手、1991年工学博士、1991年助教授、1998年教授に就任。2009年10月より現職。1991年7月より1年間、ハーバード大学ビジネス・スクールヘ留学。アジア太平洋ビジネススクール協議会会長、IEレビュー誌編集委員長、TPM優秀賞審査委員、日本経営工学会副会長を務める。

[取材・文] = 西川敦子 [写真] = 中村博昭