J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年10月号

新連載 人材教育 the Movie ~映画でわかる世界と人~ vol.1 「七人の侍」

川西 玲子(かわにし・れいこ)氏
1954年生まれ、メディア・エンタメ時評。中央大学大学院法学研究科修士課程修了(政治学修士)。シンクタンク勤務後、企業や自治体などで研修講師を務めつつ、コメンテーターとして活動。著書に『歴史を知ればもっと面白い韓国映画』『映画が語る昭和史』(旧・ランダムハウス講談社)等がある。

『七人の侍』
(2枚組)〈普及版〉DVD発売中
¥5,040(税込)
発売・販売元:東宝
黒澤映画の金字塔。野武士が野盗化していた戦国時代を舞台に、貧しい百姓たちが侍を雇い、全力を挙げて野武士の群から村を守ろうとする姿を描く。

今月から始まったこの連載。映画を楽しみ、話題の幅を広げながら、世界と人間についての理解を深めようという試みである。第1回目は日本映画を代表する名作をということで、黒澤明が世界に飛躍するきっかけとなった「七人の侍」を選んだ。

この映画が、日本を代表する作品として、今も内外で変わらぬ高い評価を獲得し続けている理由は何だろうか。1つは、CGのような技術が全くなかった時代に、俳優の演技と演出、撮影技術という人間の力だけで、雨中の決戦シーンに代表される数々の名場面を生み出した完成度の高さだろう。後に「影武者」や「乱」で完成される馬の美しい撮り方の原型が、すでに現われている。

もちろん60年近く前の作品だから、史実と異なっている点もある。その後の歴史研究で、中世の農民は自ら武装して村を守っていたことがわかってきた。だがそれでも「七人の侍」が色褪せないのは、時代を超えた人間の内面を深く描いているからではないか。特に志村喬演じる指導者の姿が実に魅力的なのだ。日本における指導者像の、1つの理想像ではないかと思われる。

日本社会、あるいは企業における指導者像については、昔から散々議論されてきた。特に80年代以降はアメリカ的なモデルが非常に重視され、昨今のグローバル化によってそれがさらに加速している。その論調は主に、世界に伍する指導者を育てていかなくては大変だと、グローバル化への遅れを指摘するものだ。

それはそうなのだが、歴史や風土を無視していくら議論しても空回りしないだろうか。今の40 代は、かつて新人類と呼ばれて異端視されたが、今は若者をゆとり世代と呼んで手を焼いている。世代論はいつの時代ももてはやされるが、同じことの繰り返しになっている。

志村喬演じる老いた浪人のたたずまいには、日本人の琴線に触れる何かがある。この「たたずまい」というところが重要だ。いくらグローバル化が進んでもハーバード白熱教室が流行しても、日本人の心は饒舌だけでは動かない。侍たちの集め方、適材適所の使い方、そして何より動機づけの素晴らしさにおいて、この老いた浪人の言動には時代を超えた輝きがある。浪人という厳しい立場にいる元侍たちが、銭勘定とは違う動機で動く姿は美しい。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:720文字

/

全文:1,439文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!