J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年07月号

Opinion 1 未来研究所に聞く 曖昧な世界を切り開くリーダーシップこそグローバル・マインドセット

IFTF(Institute for the Future、未来研究所)名誉研究員で社会学者のボブ・ヨハンセン博士は、IFTFが毎年発表している「10年予測」を踏まえ、これからのグローバル社会はますます「VUCAな世界」になっていくと予言する。そして、「VUCAな世界」を切り開いていくリーダーシップこそが、グローバル・マインドセットに欠かせないものであると語っている。「VUCAな世界」とは何か、そして未来を創るリーダーシップスキルとはいかなるものなのか。ヨハンセン博士にお話を伺った。

残り:3,112文字

/

全文:4,149文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Bob Johansen(ボブ・ヨハンセン) 氏
未来研究所( IFTF)名誉研究員、社会学者。1996~2004年、IFTF社長を務め、現在はIFTFにおいて、執筆・講演・経営幹部向けワークショップのファシリテーターなどを務める。著書に『縮む組織の中の伸びる個性( Upsizing the Individual inthe Downsized Organization)』『早くそこに到達せよ(Get There Early)』『未来を創るリーダー10のスキル』(日本能率協会マネジメントセンター)などがある。

IFTF(Institute for the Future)
未来研究所(IFTF)は、カリフォルニア州パロアルトに拠点を置く独立系非営利のシン
クタンク。1968年設立。国防に関する研究から派生して、科学的に将来予測を行う機
関として、多くの国内外企業に情報提供を行っている他、毎年、グローバル10年予測を
発表。ヘルスケア、テクノロジー、食料および水資源についての見通しも発表している。

[取材・文]=高橋テツヤ(又隠舎) [写真]=IFTF提供