J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年08月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 考える力と自発性を導き出す 人事が成すべき教育の追求

高い専門性と技術を武器に、四輪・二輪車部品を国内外のメーカーに提供する山田製作所。“世界一級品”のものづくりをめざす同社が求めるのは、“自責で捉え、自ら考え、自ら行動する”人材だ。総務部人事課課長の星野和彦氏は、そんな山田製作所の人事・教育体系をつくり上げてきた中心人物。教育熱心な前社長・現社長とともに独自の教育施策を実行してきた。だが、星野氏は「私自身、まだまだ学ぶべきことがたくさんある」と語る。その言葉には“人事としてありたい姿”を求める揺るぎない信念と、社員への思いが宿っていた。

残り:3,203文字

/

全文:4,270文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

星野 和彦(Kazuhiko Hoshino)
事業管理本部 総務部 人事課 課長
1992年、山田製作所入社。総務部配属後、人事担当として人事・教育制度を立ち上げる。2000年、人事課課長に就任。2005年から3年間、生産管理及び技術研究所の開発管理ブロックマネージャーとして他部門を経験。2008年、人事課課長として総務部に異動、現在に至る。

山田製作所
1946年設立。四輪車、二輪車のエンジン用オイルポンプ、ウォーターポンプを中心に各種ポンプ製品、ステアリング関連製品、トランスミッション関連製品などの機能部品を開発・製造。
資本金20億円、連結売上高:823億1,000万円(2013年3月期)、社員数:1,680名(2013年3月31日現在)

取材・文・写真/髙橋 真弓