J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年09月号

Opinion 2 企業人としての「人間力」 リーダーをめざそう 「志」次第で誰でもなれるのだから

カリスマも、強さも、絶対的な条件ではない。むしろ弱くても良きリーダーとなって部下や組織を成長へと引っ張っていける。そう語るのは、ザ・ボディショップやスターバックスコーヒーなどでCEOを務め、リーダーシップを執ってきた岩田松雄氏だ。
 リーダーシップは生まれつきの資質ではなく、人間力を育むことで誰でも高めていけるもの。あらゆる組織がリーダーを求めている今、全ての人がリーダーをめざすべきであるし、誰でもなれるという。自らの経験をもとに、今までになかったリーダーシップ像を岩田氏が語る。

残り:3,490文字

/

全文:4,653文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

岩田 松雄(いわた まつお)氏
1958年生まれ。日産自動車入社後、米国UCLAでMBA取得。外資系コンサルティング会社や日本コカ・コーラ役員を経て、2000年アトラス代表取締役社長、2005年イオンフォレスト(ザ・ボディショップ)代表取締役社長、2009年スターバックスコーヒージャパンCEOに就任。2011年リーダーシップコンサルティングを設立。近著に『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』(サンマーク出版)など。





[取材・文]=道添 進 [写真]=岩田 松雄 氏提供