J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年09月号

Opinion 1 謙虚さが人を育てる 偉人を知ることで学ぶリーダーの「人間力」

作家の北康利氏は、『白洲次郎 占領を背負った男』『同行二人 松下幸之助と歩む旅』『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』など、大きな仕事を成し遂げ、人間的にも魅力をたたえた先人たちに関する評伝で名高い。そんな北氏に、時代を超えて普遍的な「リーダーの人間力」とは何であるのか、ビジネスパーソンがリーダーとして人間力を高めるためにできることなどを伺った。

残り:3,367文字

/

全文:4,489文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

北 康利(きた やすとし)氏
東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。2008年6月末、みずほ証券退職。本格的な作家活動に入る。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞受賞)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』『吉田茂 ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『同行二人 松下幸之助と歩む旅』(PHP研究所)などがある。最新刊は、『西郷隆盛 命もいらず 名もいらず』(WAC)








[取材・文]=高橋 テツヤ(又隠舎) [写真]=北 康利 氏提供