J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年09月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 “くせもの”も“猫”も活かす! 顧客への真心と柔軟性を持つ両備流人材・組織づくりとは

規制緩和による競争激化やモータリゼーションによる利用客の減少など、公共交通を取り巻く環境は厳しい。そうした中にあって、着実に業績を伸ばしているのが、岡山県の両備グループだ。猫の「たま駅長」で有名な和歌山電鐵もその傘下である。同グループを率いる小嶋光信代表は、経営破綻した地方の公共交通の再生を請け負い、次々と成功させた「地方公共交通の救世主」としても知られる。社会・顧客・社員の幸せを追求することが企業の使命だと語る小嶋代表に、人づくりへの思いを伺った。

残り:4,781文字

/

全文:6,374文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

小嶋 光信(Mitsunobu Kojima)氏
生年月日 1945年4月4日
出身校 慶應義塾大学経済学部、慶應義塾大学ビジネススクール(現:同大学大学院経営管理研究科)
主な経歴
下記を含め現在、55社からなる両備グループのグループ代表兼CEO(うち36社は会長、25社は社長。2013年7月31日現在)
1968年4月 三井銀行入行
1973年5月 両備運輸(現・両備ホールディングス) 常務取締役
1999年2月 両備システムズ 社長(現・会長 兼 CEO)
1999年6月 両備バス(現・両備ホールディングス)社長
2001年6月 夢二郷土美術館 館長(在任中)
2001年6月 岡山電気軌道 社長(在任中)
2001年10月 社団法人日本民営鉄道協会 理事(在任中)
2005年4月 日本体育協会 理事(後、参与に就任)
2005年6月 岡山大学 理事(後、2011年3月末まで学長補佐・相談役)
2005年6月 和歌山電鐵 社長(在任中)
2006年10月 中国バス 社長(在任中)
2007年4月 両備ホールディングス 社長
2010年4月 岡山髙島屋 会長(在任中)
2010年6月 日本旅客船協会 副会長(在任中)
2011年6月 両備ホールディングス 会長 兼 CEO(在任中)
2013年1月 井笠バスカンパニー 社長(在任中)
2013年6月 公益社団法人 岡山県バス協会 会長(在任中)
現在に至る

両備グループ
1910年に西大寺鐵道として創立。「忠恕」を理念として、岡山県を拠点に、交通・運輸事業および情報関連、生活関連事業を展開する、55社からなる企業群。今後は、環境関連ビジネスや海外での事業展開も視野に入れ、さらなる発展をめざす。
グループ総資本金:26億2,090万円、売上高:1,177億600万円(2013年3月期)、従業員数:8,294名(2013年3月現在)

インタビュアー/赤堀 たか子 写真/平田 宏