J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

今月のNEWS

research第1回「ビジネスパーソン1000人調査」働き方に関する意識アンケート結果30代・40代の半数近くが「仕事にやりがいなし」「能力発揮できていない」●日本能率協会グループ

日本能率協会グループは、全国のビジネスパーソン1,000人に対して働き方に関する意識調査を実施。今回の調査で世代による働き方に対する意識の違いが明らかになった。現在の仕事に対するやりがいを問う設問では、全年代で「やりがいを感じている」とする回答が58.4%となった。一方で「やりがいを感じていない」という回答に着目すると、30代で46.6%、40代で45.2%と、他の年代よりやや高い割合となった。また、現在の仕事は自分の能力を発揮できているかを問う設問では、全体では「発揮できている」(55.2%)が「発揮できていない」(44.8%)を上回るものの、30代で46.2%、40代では過半数の51.5%が「発揮できていない」と回答。30代・40代は、その他の世代に比べ、概ね「仕事に対するやりがい」「勤務先への愛着」「能力発揮の実感」が低く、やや疲弊したビジネスパーソン像が見て取れる。女性ビジネスパーソンは働き方として、「成功を支えるメンバー」(81.1%)を志向する比率が高く、「成功を導くリーダー」(18.9%)は2割未満にとどまっている。また、「仕事内容」(41.7%)よりも「職場環境」(58.3%)を重視し、「高賃金だが激務」(41.7%)か「低賃金だがラクな仕事」(58.2%)かの2択では後者のほうが高くなった。仕事のモチベーションが上がる理由については1位が「収入が上がる」(70.6%)、2位が「良い評価を得る」(48.8%)で、2位以下に大きく差をつけて収入を重視していることがわかる。今回の調査結果について日本能率協会グループでは、「働き盛りの30代・40代ビジネスパーソンの半数近くが仕事からやりがいを得られず、能力を発揮できていないと感じていることは、組織の中核たるミドルの疲弊として危機感をもって受け止めたい。企業が人材の競争力を高めるには、賃金・評価といった人事労務制度の見直しと、従業員の意識・組織風土の改革という両面から対応する必要がある」とコメントしている。

問い合わせ日本能率協会グループ 広報委員会TEL:03-3434-8620

research「採用活動に関する企業調査」アンケート結果採用活動継続企業は長期化の構え●ディスコ

ディスコは、採用活動に関する企業調査を全国の主要企業8,747社を対象に実施、1,221社から回答を得た。それによると、2014年3月卒業予定者の採用選考を「終了した」企業は、全体の41.0%。約6割が採用を継続中で、「終了予定時期」として最も多いのは「9月」30.2%、次いで「8月」20.0%となった。採用選考に関する企業の倫理憲章にうたわれている正式内定日の10月1日を目安にという企業が過半数に達しているが、昨年に比較すると10月以降とする回答も増えており、採用選考の長期化の気配が見て取れる。採用状況の満足度については「質・量ともに満足」が27.2%、「質・量ともに不満足」が29.1%となり、企業によって状況が大きく異なる。全体的には「量」に対する不満がやや増加しており、内定者の質を維持するために選考のハードルを下げない(厳選採用維持)企業で採用予定数を確保できておらず、量への不満が高まっていると推察できる。

問い合わせディスコ 社長室 広報担当TEL:03-4316-5500

research

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,480文字

/

全文:2,959文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!