J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

CASE.3 キングジム 考え抜くために必要なものとは 思いつきを深めて形にする “チームで対話し考える力”

キングジムといえば、スクエアマークのファイルなど、オフィス文具の老舗だ。デザイン性の高さや単機能が製品の特長で、近年ではデジタル技術と連動した商品でヒットを連発。そうした独創的な商品を考える力は、どのように生まれているのか。商品開発部長の安蒜康英氏に伺った。

残り:2,943文字

/

全文:3,924文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

安蒜 康英 氏 開発本部 商品開発部長
「もちろん社員は全打席本塁打を打つつもりで臨みます」と語る安蒜氏。

キングジム
1928年創業。初代社長 宮本栄太郎氏が印鑑簿、人名簿など日本の商習慣に合った文具を販売したのが原点。スクエアマークの「キングファイル」が有名だが、近年は「ポメラ」「ショットノート」などデジタル機器関連の商品も多数開発。資本金:19億7,869万円、従業員数:連結2,305名、単体411名(2013年6月現在)、連結売上高:292億8,400万円(2013年度)

[取材・文]=道添 進 [写真]=キングジム提供、本誌編集部