J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

Opinion 3 著者・自分・他者と向かい合う 古典を媒介にした対話で“読んで考える”効用

ネット記事や雑誌、ビジネス書、ハウツー本と、情報がさまざまに溢れる時代。深く思考できる力を育てるための一つの方法に「古典」といわれる書籍の読書がある。古今東西の古典をもとに対話し、理解や気づきを得るセミナーを行う日本アスペン研究所に、なぜ古典なのか、また古典を読んで学ぶことの効用を聞いた。

岡野 雄治 氏
常務理事
伊東 健 氏
顧問
橋本 美博 氏
事務局長
日本アスペン研究所
1998年4月設立。各界のリーダーや志を持つ人を対象に、「古典」を媒介にした知的交流の場となるセミナーを主催。自身の価値観や将来の展望について思索・内省する機会を提供している。

[取材・文]=西川 敦子 [写真]=本誌編集部

──テキストは、アリストテレス、カント、道元など古今東西の古典の一部を抜粋し、500ページほどに編纂したものと伺いました。受講者はビジネス界のトップランナーともいうべき人々で、多忙な方々ですが、500ページもの古典を読んでもらう理由は。

岡野

実はその古典に学ぶことにアスペンの思想の原点があります。そもそもアスペン研究所は、第二次世界大戦後、シカゴ大学の総長だったロバート・ハッチンス、同大学哲学科の教授、モーティマー・アドラーらによって企画されたものです。第二次世界大戦後の米国といえば、まさに繁栄の真っ只中。しかし、彼らは繁栄の陰に潜む危険に気づいていました。効率主義、短期利益主義が広がり、一方では仕事の専門化や細分化が急速に進み、人と人のコミュニケーションも損なわれました。戦争が終わり、人間の精神が豊かになっていくかと思いきや、そうではなかったのです。

失われゆく人間の基本的価値、コミュニケーション、あるいはコミュニティを再構築するにはどうすればいいのか──この問題意識がアスペン研究所設立の原点となりました。

設立の直接的なきっかけは、1949年に行われた「ゲーテ生誕200年祭」です。人間としてのあり方を考えるうえで、改めてドイツを代表する文豪ゲーテ(1749~1832年)が見つめ直されました。ゲーテは小説家、詩人、劇作家であると共に、自然科学者、政治家、法律家でもあります。そして彼は人間性や善について見つめ続けた人でもありました。

ハッチンスらはゲーテに学ぶべく、ドイツとフランスの神学・哲学者アルベルト・シュバイツァー、スペインの哲学者ホセ・オルテガ・イ・ガセットなどの学者や芸術家などを世界各地から招き、対話を繰り広げました。これが契機となり翌1950年、アスペン研究所が設立されたのです。新しい時代を先導するビジネスリーダーが古典に学び、ヒューマニズムについて「対話」する場をつくろうというのが設立趣旨でした。

──ビジネスの世界と古典。不思議な取り合わせのような気もします。

伊東

それがそうではないのです。たとえばテキストの中に、孟子を取り上げた箇所があります。孟子は紀元前3~4世紀に活躍した中国の儒学者ですが、当時の中国は戦国時代の真っ只中。彼は魏の恵王のもとでコンサルタントのような仕事をしていました。

恵王に「国を強くするのにはどうすればよいか」と訊かれた時、孟子は「仁政をせよ」と言ったそうです。家族が死んだら葬式を出せるよう、手足の自由がきかない老人も衣食が足りるよう、君主が仁政を行えと。そうすれば敵が攻めてきても必ずや民衆が守ってくれるであろうと説いたのです。

国と国が戦に明け暮れていた時代に、ですよ。どの王も血眼で兵を増やし、武器をかき集めていた。ところが孟子は性善説を展開し、短期的な思考ではなく長期的視野をもって政治をするよう勧めた。

どうでしょう。当時の米国のビジネス界はもちろん、現代のビジネスリーダーにとっても、はっとさせられる話ではありませんか。

──確かに現代と通じるものがありますね。大学時代に教養課程で古典を学んだ人も多いと思いますが、学び直す、ということでしょうか。

伊東

古典を学ぶのでなく、古典に学ぶことをめざしています。古典をひもとき自身を振り返る。単なる知識ではなく知恵を得る場といえるでしょう。

価値観というフィルターを壊す

──日本でアスペン研究所が誕生したいきさつとは。

岡野

理事長である富士ゼロックス元取締役会長 小林 陽太郎 氏が、1970年代に米ゼロックスのJ.C.ウィルソン会長に会った時、「米国の経営者は目先の利益ばかり考えている」と批判したそうです。するとウィルソン氏は「一度アスペン研究所に行ってみたら。そこに米国の経営者が持つもう一つの顔があるから」と。

数年後、小林氏は実際にアスペン研究所のセミナーに参加し、人間の本質を見つめる米国人ビジネスリーダーの姿を目にしました。逆に高度経済成長を続ける日本こそ、何か大切なものを置き去りにしているのでは──。そんな危機感を覚え、アスペンの考えに賛同していただいた多くの企業の協力を得て1998年4月、現在の日本アスペン研究所が誕生しました。

──プログラムの内容は米国のものと同じなのですか。

岡野

基本的には同じですが、日本独自の分野もあります。「自然・生命」「美と信」などですね。また日本で立ち上げる以上、日本や東洋の古典も取り上げたいと、当時の東大名誉教授で後に日本アスペン研究所の副理事長を務められた故・本間長世先生と、特別顧問だった故・今道友信先生が中心になって編纂されました。

──参加者はどんな方々ですか。

岡野

エグゼクティブ・セミナーはさまざまな企業の役員、幹部、官公庁の幹部といった方々。NPO、NGO関係者もいます。

豊かな対話のためには、多様な意見が必要ですから、さまざまな背景をお持ちの方に呼びかけています。どうしても男性が多い傾向にあるため、女性にもお声がけしています。年3回、5泊6日の日程で、毎回15、16名ほどが参加します。一方、2泊3日のヤング・エグゼクティブ・セミナーは、30~40代の部課長クラスの方が多いでしょうか。1回ごとの参加人数はエグゼクティブ・セミナーと同じくらいですが、年間10回。近年、開催数が増えてきています。

──いずれにしても、日頃取り組んでいる仕事とは全く異なるジャンルのテキストでは。

伊東

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,212文字

/

全文:4,423文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!