J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

Opinion 2 考える力は本で身につける  読書こそ知を強化する唯一の道

外務省時代は国際情報分析の第一人者として活躍し、現在はインテリジェンス論から男女の人生相談まで幅広い著述活動を行う作家・佐藤優氏。4万冊の蔵書を有し、月に300冊以上の本を読むという佐藤氏は、読書によってしか「知」は鍛えられないと語る。なぜ本を読むのか。どう読み、どう仕事に活かすのか。本との向き合い方について話を伺った。

残り:3,647文字

/

全文:4,862文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

佐藤 優(さとう まさる)氏
作家。元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科を修了後、外務省に入省。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。05年執行猶予付き有罪判決を受ける。09年に最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。現在は日本の政治・外交を中心に幅広い評論活動を行っている。『国家の罠外務省のラスプーチンと呼ばれて』(毎日出版文化賞特別賞受賞)『自壊する帝国』(新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞)『獄中記』『交渉術』『外務省に告ぐ』など著書多数。

[取材・文]=熊谷 満 [写真]=本誌編集部