J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

Opinion 1 表現力・思考力を高める 「書き方」 思考も、働く喜びをも深める“考えて書く筋トレ”とは

文章を書くこと――学校でもビジネスの現場でも、誰しもが日常的に行っている作業だ。しかし、本当に思いを込めて「考えて書く」場面はどれだけあるだろうか。そうした場面が減って、書く“筋力”を使わないでいると、仕事で発揮できる能力もどんどん低下してしまうだろう。では、考えて書く力を鍛えるためにはどんな「筋トレ」が必要なのか。学生から社会人まで、幅広い世代に文章表現力・思考力・コミュニケーション力の教育に取り組んでいる、山田ズーニー氏に伺った。

残り:3,191文字

/

全文:4,255文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

山田 ズーニー(やまだ ずーにー)氏
文章表現・コミュニケーションインストラクター
岡山県生まれ。ベネッセコーポレーション入社後、進研ゼミ小論文編集長として、高校生の考える力・書く力の育成に尽力する。2000年に独立、フリーランスとして、執筆、講演、高校・大学での授業、社会人への研修、ワークショップなどを通して、文章表現力・思考力・コミュニケーション力の教育に取り組む。著書に『伝わる・揺さぶる!文章を書く』(PHP新書)、『あなたの話はなぜ「通じない」のか』(ちくま文庫)、『おとなの進路教室。』(河出文庫)など多数。
※「ズーニー」はインドのカシミール語で“月”という意味。

[取材・文]=木村 美幸 [写真]=菊池 壯太