J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 人は“育てる”のではなく“育つ”―― 会社は学ぶ大切さを伝え自ら学ぶ人を支援するのみ

1993年に伊藤忠商事から、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人へ。そして社長などを歴任した後、2009年にカルビーの会長兼CEOに就任した松本晃氏。この4年間で収益性を改善し、株式上場を果たすとともに、海外事業の大幅拡大を打ち出した。新しいステージに入ったカルビーが求める人材像や、企業人に必要な成長の要件とは。

残り:4,541文字

/

全文:6,055文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

松本 晃(Akira Matsumoto)氏
カルビー 代表取締役会長 兼 CEO
生年月日 1947年7月20日
出身校 京都大学農学部
主な経歴
1972年4月 伊藤忠商事入社
1986年11月 センチュリーメディカル出向 取締役営業本部長
1993年1月 ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカル( 現ジョンソン・エンド・ジョンソン) 代表取締役プレジデント
エチコン エンドサージェリー・ジャパン事業本部長
1999年1月 ジョンソン・エンド・ジョンソン 代表取締役社長 就任
2008年1月 ジョンソン・エンド・ジョンソン 最高顧問 就任
2009年6月 カルビー 代表取締役会長 兼 CEO 就任
現在に至る

カルビー
1949年4月30日設立。原料の馬鈴薯開発、調達、製造、店頭での販売に至るまでの一貫したバリューチェーンを構築。国内スナック菓子市場では約5割のシェアを誇り、今後はグローバルな食品企業へ転換をめざす。
資本金:115億8,600万円(2013年3月31日現在)、連結売上高:1,794億1,100万円(2013年3月期実績)、連結従業員数:3,352名(2013年3月31日現在)

インタビュアー/赤堀 たか子 写真/太田 亨