J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年11月号

CASE.2 千葉県立袖ヶ浦高等学校 生徒を信頼しモラルを育てる 生徒も教員も変えるITを活用した学びのあり方

千葉県立袖ヶ浦高等学校情報コミュニケーション科では、全生徒に1人1台、iPadを必携させ、あらゆる科目でITを自然な形で活用し、日々の授業を実践している。「2012年度日本e-Learning Award」において、県立高校にして並みいる先進企業を抑えて大賞を受賞したことからも、その取り組みの先進性が伺える。同校のこれまでの取り組みと、生徒や教員に生じた変化を紹介する。

残り:3,223文字

/

全文:4,297文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

永野 直氏
情報コミュニケーション科 主任

千葉県立袖ヶ浦高等学校
1976年に開校した普通科の高校。2011年、情報コミュニケーション科を新設。生徒数:880名、教員数:60名

[取材・文]=高橋テツヤ(又隠舎) [写真提供]=袖ヶ浦高校 [写真]=本誌編集部