J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年11月号

CASE.1 小倉第一病院 高いITリテラシーを基盤に自分たちでつくり、自分たちで学ぶ 基本情報現場に溶け込むモバイルラーニング

福岡県北九州市にある医療法人真鶴会小倉第一病院は、医療業界でいち早く、2004年より職員教育にeラーニングを導入した。さらに2009年からは新入職員全員にモバイル端末を配付、モバイルラーニングの実践を通じて、職員の学習意欲向上などの効果を生んでいる。これからの企業教育のあり方や、企業におけるモバイルラーニング推進に際してのヒントを学ぶべく、モバイルラーニング先進事例を取材した。

残り:3,822文字

/

全文:5,096文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中村 秀敏 氏
小倉第一病院 副理事長 兼 院長
隈本 寿一氏
純真学園大学 保健医療学部 医療工学科 特任講師 (元 小倉第一病院 MIT部長)

小倉第一病院
福岡県北九州市。1972年12月開院。診療科目は、腎臓内科、糖尿病内科、人工透析内科、内分泌内科、リウマチ科で、血液透析・腎臓病・糖尿病が専門。入院許可病床数:80床。職員数:119名。

[取材・文]=高橋テツヤ(又隠舎) [写真・イラスト提供]=小倉第一病院 [写真]=本誌編集部