J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年02月号

調査レポート 「eラーニング活用に関する調査報告書(2014年1月)」から eラーニング導入企業急増の背景とその有効活用方法を探る

昨今、eラーニングを新たに導入する企業が急増している。eラーニングは、「いつでも、どこでも、何度でも」学習できる教育ツールとして、これまでにも注目されていたものの、ここまで加速度的に導入が進むものとは予想されていなかった。急増の理由は何なのか?日本能率協会マネジメントセンターでは、その理由を明らかにし、導入実態を明確に把握すると共に、eラーニングの有効な活用方法を考察するため、全国的な実態調査を実施した。

残り:2,366文字

/

全文:3,155文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

日本能率協会マネジメントセンター eラーニングプロジェクト
〔プロジェクトメンバー:能力開発 第1営業本部 菊池高志、佐藤正光(執筆責任者)、菅原維衣、小川真一〕