J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年02月号

TOPIC 1 COOL JAPAN ~日本のこれから~おもてなしグローバリゼーションセミナーレポート 日本から世界への究極の発信「おもてなし」を極め、世界に誇れる日本へ

日本ならではの創造的な産業やサービスが、“クールジャパン”として世界で高く評価される中、同じく日本オリジナルと言える「おもてなし」の精神や、その真心から生まれたサービスも、クールジャパンの「コンテンツ」の1つとして、注目を集めている。こうした中、「COOL JAPAN ~日本のこれから~ おもてなしグローバリゼーションセミナー」と題するセミナーが開催された。日本の「おもてなし」を今後海外に向けて発信し、さらに強化していくためには、何が必要なのか。一部をレポートする。(開催日:2013年12月3日 主催:キャプラン Jプレゼンスアカデミー 会場:パソナグループ本部)

残り:1,543文字

/

全文:2,057文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

キャロル・S・ドゥエック(Carol S. Dweck)氏
スタンフォード大学心理学部 教授。社会心理学、発達心理学等における世界的研究者。どうしたら人は成功を収められるのか、達成を促進できるかといった、モチベーションや人間関係、精神保健に関する研究で大きな業績を持つ。2000年の著書、『Selftheories:Their Role in Motivation,Personality,andDevelopment』 は数カ国語に翻訳された。

取材・文/浦上 毅郎 写真/キャプラン提供