J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年08月号

OPINION 2 「現地化」と「グローバル化」で育成は変わる アジアで信頼関係を築く3つのマインドセットとは

成長著しいアジア新興国への進出が重要視される中、日本人駐在員の育成にも、ローカル人材の育成にも課題を抱えている日本企業が多いのではないだろうか。また、風土や文化、価値観、習慣などの違いから、現地の人と不必要な摩擦を起こしてビジネスが停滞、頓挫してしまうケースも散見される。中国やインドをはじめ、アジア各国における人材マネジメント事情に詳しい九門氏に、こうした課題解決の考え方や具体策を聞いた。

残り:2,815文字

/

全文:3,753文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

九門 崇(くもん たかし)氏
九門崇事務所代表取締役社長、亜細亜大学国際関係学部特任教授・東京大学特任研究員。
世界の社会問題を解決するため、アジアを中心にした次世代リーダー育成を行う。グローバルリーダー育成プログラムの開発、講演活動などをアジア各国で実施。2011年には「アジア・ソサエティ」の「アジア21 ヤングリーダーズサミット」日本代表に選出。グローバルな経験と、定期的に訪れているアジア各国の最新情報をもとに企業における研修、グローバルリーダー育成のアドバイスも行っている。著書に『アジアで働く』(英治出版)がある。

[取材・文]=坂田 博史 [写真]=編集部