J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

CASE.2 ワークスアプリケーションズ エントリーマネジメントこそ、最重要課題  ゼロから1を生み出せる「クリティカルワーカー」を発掘

大手企業向けの経営インフラを提供するワークスアプリケーションズ。同社の採用の要諦は、問題解決能力のある人材を発掘することに尽きる。そのため、採用を最優先の経営課題と位置づけ、独自のインターンシッププログラムを通して素質のある人材を見極めている。そのエントリーマネジメントは、実際どのように行われているのか。同社の鶴田麻衣氏に伺った。

残り:3,456文字

/

全文:4,608文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


鶴田 麻衣 氏 リクルーティングDept. プランニング&ディレクションGrp.

ワークスアプリケーションズ
1996年設立。大手企業向けERPパッケージシステムの開発、販売、コンサルティングを行う。近年はグローバル採用を強化し、中国、インド、シンガポール、アメリカ、イギリスなどでの実績がある。資本金:約36億2650万円、連結売上高:約300億円、連結従業員数:2855名(2013年4月)

[取材・文]=道添 進 [写真]=ワークスアプリケーションズ提供、菊池 壯太