J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

OPINION 迫りくる採用戦国時代 生き残りのカギは採用戦略の構築と採用プロフェッショナルの育成

「2016年問題」など、新卒一斉採用のあり方に対する疑問が各所で提起される中、経営学の立場から採用について研究する「採用学」を立ち上げ、注目を浴びている服部泰宏氏。「採用の『曖昧さ』に問題がある」と話す服部氏に、「採用学」の立場から見た日本企業の新卒採用の問題点と、今後の人材獲得競争に生き残るための処方箋を聞いた。

残り:3,464文字

/

全文:4,618文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

服部 泰宏(はっとり やすひろ)氏
2009年、神戸大学大学院経営学研究科博士課程を修了、博士号(経営学)を取得。滋賀大学経済学部准教授を経て2013年4月から現職。日本企業における組織と個人のかかわり合い
(組織コミットメントや心理的契約)、シニア人材のマネジメント等多数の研究活動に従事。著書『日本企業の心理的契約:組織と従業員の見えざる約束』(白桃書房)は、第26回組織学会高宮賞を受賞。現在「、採用」に関する科学的アプローチである「採用学」の確立に向けた「採用学プロジェクト」に従事、同プロジェクトのリーダーを務める。

[取材・文]=井上 佐保子 [写真]=菊池 壯太