J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

今月のNEWS

research「構造変化の中での企業経営と人材のあり方に関する調査」結果競争力強化に「人材の能力・資質を高める育成体系」が不可欠●労働政策研究・研修機構

労働政策研究・研修機構は、「構造変化の中での企業経営と人材のあり方に関する調査」を実施した。この調査は、企業における事業展開の現状や今後の見通し、人材の育成・確保にかかわる戦略・ニーズなどについて明らかにし、労働政策の企画・立案や労働に関する政策研究の効果的な推進に資するための基礎的なデータ収集を目的としたものである。それによると、企業経営を取り巻く環境変化を背景にして、正社員に求める能力・資質も変わりつつあることがわかった。これまで企業が正社員に求めてきた能力・資質については、多い順に「専門的な知識・技能、資格」が62.1%、「業務を完遂する責任感」が61.9%、「組織協調性(チームワーク能力)、柔軟性、傾聴・対話力」が56.4%などであった。これに対し、今後、企業が正社員にどのような能力・資質を求めるかを尋ねると、上位から「リーダーシップ、統率・実行力」(52.1%)、「専門的な知識・技能、資格」(49.9%)、「業務を完遂する責任感」(49.7%)、「(部下等の)管理、指導・育成力」(49.4%)などが挙がった。これまでと今後を比較すると、「専門的な知識・技能、資格」や「業務を完遂する責任感」は依然、上位にあるとはいえ、共に12.2ポイント低下している。また、「組織協調性(チームワーク能力)、柔軟性、傾聴・対話力」も引き続き半数超の企業が挙げているとはいえ、これまでから今後で9.1ポイント下落している。一方、「ストレスコントロール力」「事業や戦略の企画・立案力」「新たな付加価値の創造力」「グローバルな視野や国際コミュニケーション能力」「コスト意識・財務センス」等の数値が上昇しており、今後、正社員に求められる能力・資質としての位置づけが高まっていることがわかる。そうした中、自社の競争力をさらに高めるため、今後強化すべきものを問う設問では、「人材の能力・資質を高める育成体系」がトップで52.9%に上っている(図)。以下、「顧客ニーズへの対応力(提案力含む)」が45.5%、「従業員の意欲を引き出す人事・処遇制度」が39.5%などと続く。企業の競争力の現状を問う設問の回答と比較すると、「人材の能力・資質を高める育成体系」は25.6ポイント増、「従業員の意欲を引き出す人事・処遇制度」が20.8 ポイント増と、大幅に上昇している。こうしたことから、企業の競争力を高めるために、人材育成や人事・処遇等のあり方に特に注目が集まっていることがわかる。また、従業員の持てる能力を最大限発揮させるのに重要な雇用管理事項としては、上位から「能力・成果等の評価に見合った昇格・昇進や賃金アップ」(60.2%)、「上司と部下のコミュニケーションや職場の人間関係の円滑化」(51.6%)、「安定した(安心して働ける)雇用環境の整備」(51.0%)などが挙っている。

問い合わせ労働政策研究・研修機構 調査・解析部TEL:03-5903-6286

informationレポート「中小ものづくり企業」の挑戦“受注構造”の変化を「対応力」で突破●信金中央金庫 地域・中小企業研究所

信用金庫業界のシンクタンクとして独自の調査研究を行う信金中央金庫地域・中小企業研究所は、定期的に発表する「産業企業情報」で、激変するビジネス環境の中で中小ものづくり企業がどうあるべきかをレポートした。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,588文字

/

全文:3,176文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!