J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

若手研究者対談 ワークショップにまつわる深ーい誤解

「ありきたりの研修にはもう飽きた」「対話型で楽しくやりたい」――理由はさまざまだが、研修にワークショップを取り入れたい、と望む企業も増えている。しかしながら、いざやってみようとすると何か物足りなかったり、対話が盛り上がらなかったり……。その原因は、ワークショップをそもそも理解していないからではないか。
そこで『ワークショップデザイン論――創ることで学ぶ』の共著書もあるワークショップ研究者の安斎勇樹氏と、学生時代から数々のワークショップ実践に携わり、『ワークショップと学び2 場づくりとしてのまなび』『プレイフル・ラーニング』などの共著書がある舘野泰一氏という若きワークショッパーのお二人に話を聞いた。最近、彼らが企業からの依頼で直面するという「ワークショップに対する誤解」から、ワークショップの本質を理解していこう。

残り:4,676文字

/

全文:6,234文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

安斎 勇樹(あんざい ゆうき)氏
1985年生まれ。東京大学工学部卒業。現在、東京大学大学院学際情報学府博士課程在籍。学部生時代に教育系のベンチャー企業を立ち上げ、ウェブサービスや中学生や大学生向けのワークショッププロジェクトを展開。現在は、事業開発や人材開発のための産学連携ワークショップに取り組んでいる。2009年から、舘野氏と「ワークショップ部」の活動を共にする。新著『協創の場のデザイン―ワークショップで企業と地域が変わる』が4月に刊行予定。

舘野 泰一(たての よしかず)氏
1983年生まれ。青山学院大学文学部卒業。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。教育工学・学習科学等の知見をもとに、大学生のキャリア教育やアカデミック・ライティング、社会人を対象にした、越境学習の研究を行う。2009年から「ワークショップ部」の活動を開始し、現在は企業ワークショップも手掛ける。2013年から現職のほか、ビジネスリサーチラボ研究員、専修大学、立教大学で非常勤講師も務める。


[取材・文]=井上 佐保子 [写真]=杉山 正直