J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 めざすは大阪発 世界初。 人間、小さく縮こまらず壁も国境も突破すべし

「千客万来都市OSAKAプラン~全員参加で『大大阪』『大関西』をつくろう」2011年度から取り組んできた3カ年計画の第2期に入った大阪商工会議所。地域の中小企業の力を結び付け、「大阪発世界初」をめざすその姿は、グローバルビジネス、グローバル人材の開発においてさまざまなヒントをもたらす。苦境を乗り切る力、先を見通すための洞察力とは。大阪の底力を発掘、発信する同会議所会頭で、京阪電気鉄道最高顧問の佐藤茂雄氏に聞いた。

残り:4,037文字

/

全文:5,382文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

佐藤 茂雄(Shigetaka Sato)氏
生年月日 1941年5月7日
出身校 京都大学法学部
主な経歴
1965年 4月 京阪電気鉄道 入社
1995年 6月 同社取締役
1999年 6月 同社常務取締役
2001年 6月 同社取締役社長
2007年 6月 同社代表取締役 CEO 取締役会議長
2011年 6月 同社取締役相談役
2013年 6月 同社最高顧問(現在) 団体及び公職歴
2003年 5月 一般社団法人関西経済同友会 「水都・大阪」推進委員会 共同委員長(現在)
2003年 7月 一般社団法人 日本経済団体連合会 常任理事
2004年 5月 一般社団法人 関西経済同友会 常任理事
※2010年5月20日退任、現在は特別幹事
2005年 5月 公益社団法人 関西経済連合会 評議員(現在)
2007年 5月 一般社団法人 日本民営鉄道協会 会長
2010年 3月 大阪商工会議所 会頭(現在)
現在に至る

大阪商工会議所
明治維新の改革で大きな打撃を受け衰退していた大阪経済を立て直し、新産業を振興するために、大阪経済界の指導者たちが1878(明治11)年に設立。以来135年以上にわたり、新しい時代を先取りした産業の育成・振興、地域社会の発展に取り組む。『大阪企業家ミュージアム』(17ページ参照)も運営。職員:211名。

インタビュアー/西川 敦子 写真/直江 竜也