J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年09月刊

私らしく生きる 第19回 講談師 神田伯山氏|突破力の源は強い思い 誰もが楽しめる大衆演芸を信じて、講談界を引き継いでいく

「100年に一人の逸材」といわれ、二ツ目・松之丞の時代からメディアに多数出演。独演会のチケットは即日完売と、「講談」を世に知らしめる存在として活躍してきた神田伯山氏。これまでの軌跡と共に、伝統芸能の担い手としての在り方について聞いた。

残り:4,489文字

/

全文:5,985文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

神田 伯山(かんだ はくざん)氏
1983年、東京都生まれ。
2007年に三代目神田松鯉に入門し、「神田松之丞」と命名される。
12年に二ツ目昇進。
20年真打ち昇進と同時に「六代目神田伯山」を襲名。
ラジオ、テレビ出演多数。
2020年2月から公式YouTubeチャンネル「神田伯山ティービィー」を開設。
チャンネル登録者数は約19万人。
講談および寄席演芸の魅力を世界に発信している。


[取材・文]=平林謙治 [写真]=橘 蓮二、神田伯山事務局提供