J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年01月刊

特集│HR TREND KEYWORD 2021│人事│エスノグラフィー 文化や人間関係もふまえた 課題の本質をつかむ調査手法

「エスノグラフィー」という調査手法をご存知だろうか。
定量調査では得られない結果や真因を得られるという。
その調査手法を企業の各種調査に用い、自身も「エスノグラファー」として活動する神谷俊氏に、ニューノーマル時代だからこそ知っておきたい、人の成長や組織の変化のとらえ方を聞いた。

残り:2,884文字

/

全文:3,605文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

神谷 俊(かみや しゅん)氏
エスノグラファー 代表取締役

エスノグラファー代表取締役。ビジネスリサーチラボリサーチフェロー、面白法人カヤック社外人事、GROOVE X エスノグラファー/社外人事。
企業・地域をフィールドにエスノグラファーとして活動。
参与観察によって得た視点を経営コンサルティングや商品開発、地域開発など様々なプロジェクトに反映させ、本質的な取り組みを支援。経営学修士。

[取材・文]=菊池壯太 [写真]=神谷 俊氏提供