J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年01月刊

特集│HR TREND KEYWORD 2021│人│ポライトネス理論 円滑なコミュニケーションのための 言語ストラテジー

近年、多様化する価値観に対応し関係性を築くため組織内コミュニケーションの重要性が高まっている。
対面が制限されたテレワーク環境下では、いっそう高度なスキルが求められるだろう。
そんなときに役立つ考え方が、「ポライトネス理論」である。
日本のポライトネス理論研究の第一人者である国立国語研究所の宇佐美まゆみ氏に聞いた。

残り:3,814文字

/

全文:4,768文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

宇佐美 まゆみ(うさみ まゆみ)氏
国立国語研究所 教授

人間文化研究機構国立国語研究所教授。教育学博士。専門は、言語社会心理学。日本語教育学。
慶應義塾大学大学院社会学研究科心理学専攻、ハーバード大学教育学部大学院人間発達心理学科言語・文化修得専攻 博士課程修了。
ポライトネス理論研究の他、女性、高齢者など社会的マイノリティの視点に立ち、「言葉」がいかに現実認識を形成し、再生産しているかという観点から、執筆活動を行っている。

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=宇佐美 まゆみ氏提供