J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2021年01月刊

続・書籍に学ぶ ビジネストレンド 第15回 2021年はリセットイヤー 勝負できる自分を創り上げていく

経営や人事を担う人材にとって、ビジネストレンドの把握は欠かせない。
1日1冊の読書を20年以上続ける読書のプロが、ビジネスを読み解く書籍を紹介する。

菊池健司氏 日本能率協会総合研究所 MDB事業本部 副本部長
日本最大級のビジネス&マーケティング情報提供機関であるマーケティング・データバンク(MDB)所属(http://mdb.jmar.co.jp/)。情報収集手法に関する個別企業・団体へのアドバイスを行ったり、セミナー講師としても活躍。モットーは「1日1冊」「週末精読」。

ビジネス書が好調だった2020年

2020年12月初旬のNHKニュースにて、ビジネス書の売れ行き好調の話題が取り上げられていた。ビジネス書籍紹介の連載を続けている者としては、うれしくかつ、ありがたいことなのだが、背景にコロナ禍があることを考えると少しばかり複雑な心境になる。

在宅勤務や外出自粛で増えた自由時間を自らの学びに充てようという意識の高まりや、リモートワークで人と直接会う機会が減るなか、コミュニケーションのとり方への関心の広がりなどが書籍の売り上げにつながったのだろう。リモートとリアルの使い分けが求められる時代において、コミュニケーション力が一段と重要視されるようになったことは間違いない。

日本出版販売による毎年恒例のビジネス単行本ベストセラーランキング2020年※によると、『人は話し方が9割』(永松茂久著)、『「繊細さん」の本』(武田友紀著)、『超一流の雑談力』(安田正著)がベスト10入りをしている。

ベストセラーランキングは時代の映し鏡だ。興味深く昨年のベストセラーを見ていたが、ビジネスパーソンの危機意識、不安感を払拭したいという意識が背後に見え隠れしている気がしてならない。現時点では終わりが見えないコロナとの戦いは当然不安要素が大きい。リモートワークでは個の力量が顕著に成果に現れるので、ごまかしが利かない。これからは働き方が劇的に変わっていくだろう。

書店に行くと、「複業・副業」「個人スキル」の本が増えている。書籍から学び、実践していくことで、どこに行っても勝負できる自分を創り上げねばならない。

2021年は極めて重要な年になる

1年1年が重要であることに変わりはないが、2021年は「リセットイヤー」で、特に重要な年になると考えている。ここでどれだけ頑張れるかで、その後の5年、10年に大きく影響していく。コロナ禍により企業が「経営計画」、「事業戦略」そして「人材戦略」を見直している。これまでの前提をいったん取り払い、世の中が大きく変わることを想起しながら、チャレンジする1年としなければならない。

それらを考えるうえで読んでおきたい書籍のジャンルをご紹介しよう。
①コミュニケーション関連書籍
②パーソナルスキル向上書籍
③リーダーシップ関連書籍
④「考える」をクローズアップした書籍

コロナ禍での厳しい戦いをまだまだ継続する形で、2021年が幕を開ける。丑年が読者の皆様にとって明るい1年となることを心から願っている。
※ https://www.nippan.co.jp/ranking/annual/

誰もが人を動かせる!あなたの人生を変えるリーダーシップ革命

森岡 毅著/日経BP/2020年12月/1,700円+税

USJの業績をV字回復させたことで知られる日本No.1マーケターのよび声高い森岡氏による注目の新刊。自分の意志と選択で未来を決めるコロナ災厄時代のリーダー論について熱く語られている。

ザッポス伝説2.0

ハピネス・ドリブン・カンパニートニー・シェイ、ザッポス・ファミリー、マーク・ダゴスティーノ著/ダイヤモンド社/2020年9月/1,700円+税

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,142文字

/

全文:2,284文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!