J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年09月刊

特集│CASE 3 博報堂 フリーハンドのマネジメントから脱却 ツールを活用して マネジメントの暗黙知を形式知化

「成果主義から成長主義へ」をコンセプトに、人事制度改革を進めてきた博報堂。
部下の成長の鍵を握るマネジャーを、様々な施策で支援してきた。
同社で人材育成に長年携わってきた白井剛司氏は「これらの施策は、With コロナ・マネジメントにも活きる」と話す。
コロナ禍においてマネジャーをどう支援していけばいいか、また今後どのように支援しようとしているか、話を聞いた。

残り:3,410文字

/

全文:4,547文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

白井剛司氏 博報堂 人材開発戦略局 マネジメントプラニングディレクター

株式会社博報堂
1895 年創業。以来、マーケティングやクリエイティブ、デジタル、コンサルティング、リサーチなど幅広い事業を展開。
「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーとし、ソリューション・サービスを提供する。
資本金:358 億4800 万円 
連結売上高:1兆97億8,300万円(2020年3月期)
社員数:3,870名(2020年4月1日現在・契約社員含む)

[取材・文]=谷口梨花 [写真]=編集部