J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年09月刊

続 書籍に学ぶ ビジネストレンド 第13回 ターニングポイントの2020年度は 不安を払拭し、高ぶる書籍を

経営や人事を担う人材にとって、ビジネストレンドの把握は欠かせない。
1日1冊の読書を20年以上続ける読書のプロが、ビジネスを読みとく書籍を紹介する。

菊池健司氏 日本能率協会総合研究所 MDB事業本部 副本部長
日本最大級のビジネス&マーケティング情報提供機関であるマーケティング・データバンク(MDB)所属(URL:http://mdb.jmar.co.jp/)。情報収集手法に関する個別企業・団体へのアドバイスを行ったり、セミナー講師としても活躍。モットーは「1日1冊」「週末精読」。

先読みが難しい時代

2020年8月……本来であれば東京オリンピック・パラリンピックの真っ最中であり、日本国内が沸きに沸いているはずであった。

コロナショックは国家の威信をかけたイベントを先送りにし、「新たな生活様式」と「仕事様式」を生み出した。テレワークはオリンピックを契機に特に首都圏近郊の企業を中心に広がる想定が、思わぬ形で前倒しとなった。コロナ禍発生から、はや半年。本誌の読者の皆様は、もうテレワークにはすっかり慣れてきた感じであろうか。

最近、企業の経営者の皆様から「当社におけるコロナショックの影響はいつまで続きそうか、見解を聞かせてほしい」とお声がけいただくことがずいぶん増えた。先が見えない時代には、歴史に学ぶことが本当に重要だと感じる。ちなみにリーマンショック後、日本の上場企業が利益回復までに要した期間は約5年であった(東京商工リサーチ調べ)※1。コロナ禍からの立ち直りに、私たちはこれから何年を要するのだろうか。

前倒しとなる業界激変

ということで、今回は「失敗に学ぶ」というテーマを予定していたが、コロナ禍からの立ち直りという視点から、2020年がどんな意味をもつのかを考えてみたい。

もともと、2030年、そう10年後には産業や業界構造が劇的に変化する、具体的には異業種合併が当たり前の時代がやってくると予想していた。コロナ禍がこのトレンドを前倒しにする気がしてならない。今後、新たな道に舵を切る企業が間違いなく増えていく。2020年はきっと、コロナ禍初年度と共に、ターニングポイントの1年として刻まれることになる。不安が先立つ時代には、心に奥深く響く、気持ちが高ぶる書籍を読んでおきたい。

最近意識して読むようにしているのは、(実は)以下のジャンルである。
①日本企業が世界に遅れをとるデジタルトレンドをまとめた書籍
②成長産業の様々な可能性に言及していて読んでワクワクする書籍
③業界に風穴を開ける企業に関する論考や事例を集めた書籍
④コロナ×働き方を多面的な視点でまとめている書籍

「業界大再編」「全企業デジタル化」「成長企業の隙間先取り」あたりは今後を生き抜くキーワードになる。

また、首相官邸「第42回未来投資会議資料」※2にはぜひ目を通しておいていただきたい。コロナ禍における企業や人材育成のヒントが得られる。
※1 http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20191213_01.html
※2 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai42/index.html

業界破壊企業第二のGAFAを狙う革新者たち

斉藤 徹著/光文社新書/2020年5月/820円+税

アメリカCNBCが毎年発表している「ディスラプター50」。そこには様々な業界に今後風穴を開ける可能性を秘めた世界の有望企業がズラッと並ぶ。そこから22社をピックアップして紹介しており、実に興味深い。業界を破壊していく企業のモデルが学べる。

ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか

酒井大輔著/日経BP/2020年6月/1,600円+税

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,177文字

/

全文:2,353文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!