J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年03月刊

連載 中原淳教授のGood Teamのつくり方 第11回 経営学の教科書が通用しない!? 家族的なチームのつくりかた

伊那食品工業では“社員の幸せ”の実現を一番の目的として掲げ、「社員は家族である」という考えが貫かれています。
“家族”のようなチームはどのようにしてつくられているのでしょうか。

残り:5,363文字

/

全文:7,151文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

伊那食品工業株式会社

1958年に木材会社の系列会社としてスタート。
以後、業務用粉末寒天の製造を開始、現在では家庭向け商品や寒天を素材とした食品、ゲル化剤などを開発する。
2007年「グッドカンパニー大賞」グランプリ、2017年「日本でいちばん大切にしたい会社」中小企業庁長官賞など受賞。
資本金:9,680万円
年商 :195億円(2018年12月期)
社員数:470名 (2019年1月現在)


中原 淳(Jun Nakahara)氏

立教大学経営学部教授。立教大学経営学部ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)主査、立教大学経営学部リーダーシップ研究所副所長などを兼任。
東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科、メディア教育開発センター、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学講師・准教授などを経て、2018年より現職。
著書に『職場学習論』、『経営学習論』(共に東京大学出版会)、『研修開発入門』(ダイヤモンド社)、『駆け出しマネジャーの成長論』(中央公論新社)など多数。
研究の詳細は、Blog:NAKAHARA-LAB.NET(http://www.nakahara-lab.net/)。Twitter ID : nakaharajun

取材・文/井上 佐保子 写真/松井 一真