J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2020年03月刊

特集│CASE 3 ジャパネットホールディングス 全員を巻き込み、活動をしぼませないために “楽しみながら取り組める工夫”と “徹底したフォロー”が社員の健康の鍵

健康に対する意識の低い社員をどう巻き込むか」「一過性のイベントで終わらせず、いかに継続するか」。
健康経営に取り組む多くの企業が直面するこれらの課題を乗り越え、積極的な活動を展開するジャパネットホールディングス。
その背景には、決めたことを徹底的に追いかけるストイックさと、一体感をもって楽しみながら取り組む風土があった。

残り:3,593文字

/

全文:4,791文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

田中久美氏
ジャパネットホールディングス 人事本部 人事戦略部 シニアリーダー

株式会社ジャパネットホールディングス
1986年、長崎・佐世保でカメラ店として株式会社たかたが設立。
以後、ラジオショッピングにより通販事業を開始、94年よりテレビショッピング事業をスタートさせ、現在まで成長を続ける。企業理念は“「今を生きる楽しさ」を!”。
19年からは通信販売事業に並ぶ2つめの柱としてスポーツ・地域創生事業を掲げるなど社会貢献活動にも力を入れる。
資本金:1,000万円
連結売上高:2,034億円(2018年)
連結従業員数:約2,500名

[取材・文]=崎原 誠