J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

企業事例③ 日揮 己を知り相手を知りお互いに尊重し、協働する

企業は段階を経て、グローバル化を進めるが、日揮はすでにグローバル企業といえる。海外勤務社員はもちろん、本社にいる社員でも常に異文化の中で働くのが当然だ。そうした同社が重視しているのが、OJTと、“マルチナショナルマインド”である。

プロフィール

大塚 秀樹氏
管理本部人事部 人事チーム マネージャー
馬場 浩史氏
管理本部人事部 人材育成マネージャー
日揮
1928年創業の総合エンジニアリング会社。各種プラント・施設に関するコンサルテーション、事業計画、機材調達、建設工事、オペレーションなどプロジェクトの計画からメンテナンスまで行う。北京、ジャカルタ、パリなど9カ所に海外事務所、14カ国に海外子会社があり、これまで約70カ国、2万件以上のプロジェクトを行ってきた。
資本金:235億1118万円、売上高:3175億9700万円、従業員数:2132名(いずれも2010年9月30日現在)
取材・文/浅久野 映子、写真/日揮提供、本誌編集部