J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年11月刊

特集│CASE4│リコージャパン 人事こそ実験をしよう 科学的人事と HRテクノロジーを活用して ESとCSの徹底的な追求を目指す

リコーグループの国内販売会社であるリコージャパンでは、
近年積極的に科学的人事やHR テクノロジーの活用に取り組んでいる。
最新の活用事例や今後の展望について聞いた。

残り:3,243文字

/

全文:4,324文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


山田裕治氏 リコージャパン 常務執行役員 人財本部 本部長
高須彰一氏 リコージャパン 人財本部 人財開発室 BP教育グループ 兼 HR・EDTechサポートグループ リーダー

リコージャパン株式会社
1959年創立。リコー製品を中心とした商品・サービスの提供を通じて、顧客の経営課題や企業価値の向上に貢献。
全国399の営業所と426のサービスステーションを拠点に、“従来の一般オフィス”から、様々な業種の現場を含めた“ワークプレイス”、さらに“社会”まで価値提供の領域を広げている。資本金:25億円
売上高:6,643億1,500万円(2019年3月期)
従業員数:1万8,240名(2019年4月1日現在)

[取材・文]=谷口梨花