J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年11月刊

特集│CASE3│ヒロテック タレントマネジメントシステムの導入・活用 “適正配置”で個を生かす

自動車部品の設計・製造等を行うヒロテックでは、現場の埋もれた人材を“ 見える化” するため、2017年にタレントマネジメントシステムを本格導入。
だれもが納得できる人事の意思決定と個々が100%能力を活かせる配置・環境づくりの実現のため、運用を進めている。

残り:1,892文字

/

全文:2,522文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

小西信博氏 ヒロテック 人材開発センター 部長代理

株式会社ヒロテック
1932年創業、1958年設立。
以後、自動車部品の設計・製作、金型、治具、組立ラインの設計・製作等を行う。
広島の本社のほか、国内に工場や研究所、国内外にグループ会社を展開し、世界各国へ自動車部品を納入するグローバルエンジニアリング企業。
資本金:1億円
売上高:798億円(2018年)

従業員数:1,948名(2019年4月現在)

[取材・文]=平林謙治