J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年11月刊

特集│CASE2│セプテーニ・ホールディングス ベースにあるのは、“成長”を数値化した「人材育成の方程式」 AI型人事システムを開発 多様な場面で活用し社員を戦力化

セプテーニ・ホールディングスでは、20年以上前からデータの蓄積を進め、2011年より本格的にピープルアナリティクスに関する研究を開始。
成長を数値化したデータを基にAI 型人事システム「人材育成エンジンHaKaSe」を開発た。
人事施策のどのようなフェーズで活用しているのか、どのような効果が現れているのか、話を聞いた。

残り:3,336文字

/

全文:4,448文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


赤澤祥貴氏 セプテーニ・ホールディングス 人的資産研究所
清水大彰氏 セプテーニ・ホールディングス 人的資産研究所  

株式会社 セプテーニ・ホールディングス
インターネット広告を軸とした包括的なマーケティング支援サービスを提供する「ネットマーケティング事業」、マンガ配信サービスの運営をはじめとした「メディアコンテンツ事業」、「新規事業」という3つの柱を軸に、事業を展開する。
資本金:21億2,000万円
連結従業員数:1,441名(2018年9月末現在)

[取材・文]=中田正則