J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年09月刊

特集│社員に愛される会社とは│Chapter2│ CASE 3 アドビ システムズ 部下を導く上司とブレない会社の姿勢が鍵 リスペクトし合える仲間とともに 仕事をつうじて成長できる仕掛け

Fortune 誌「働きたい企業ベスト100」に18年連続でランクインするなど、従業員の働きがいに関する国内外の数多のランキングで常に上位に名の挙がるアドビ。合併を繰り返しながら拡大してきた外資系IT 企業が、高い求心力を保ち続けることができるのはなぜだろうか。同社が従業員に愛され続ける理由を探った。

残り:3,434文字

/

全文:4,579文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

草野 多佳子氏 アドビ システムズ 人事部ビジネスパートナー
千葉修司氏 アドビ システムズ マルケト事業担当 ビジネスパートナー
坂田 彩氏 アドビ システムズ マーケティング本部 広報部 コミュニケーションズ マネージャー

アドビ システムズ株式会社
米国本社は1982年、日本法人は1992年設立。
PhotoshopをはじめとするCreativeCloud、Acrobatを核としたDocument Cloudに、デジタルマーケティングのExperienceCloudを加えた3つのクラウドソリューションを柱に事業を展開。
2012年のサブスクリプション化以降、急成長を遂げている。
資本金:1億8,000万円、
売上高: 本社は90億ドル(2018年度)、
従業員数:約600名(本社は約2万1,000名)

[取材・文]=崎原 誠