J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2018年03月号

THEME「戦略人事」 このままでは育成機能は捨てられる! 日本企業が今すぐ着手すべき 戦略人事・育成 5つの変革

長年にわたり、日本における人事マネジメントを理論の面から先導してきた守島基博教授。
本誌においても、たびたび重要な提言や解説を行ってこられた。
なかでも2000 年12月号の記事「戦略人事とは何か」は、
日本企業の人事がめざすべき方向を提示する内容であった。
それから18 年。日本企業の戦略人事における進展度合いと、人材育成に関する課題と対策を聞いた。

残り:4,202文字

/

全文:5,602文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


守島基博(もりしま もとひろ)氏
学習院大学 経済学部 経営学科 教授

1982 年、慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻修了課程修了。
86 年、米国イリノイ大学産業労使関係研究所博士課程修了、組織行動論・人的資源管理論でPh.D.を取得し、カナダ・サイモン・フレーザー大学経営学部助教授。90 年慶應義塾大学総合政策学部助教授、98 年同大大学院経営管理研究科助教授・教授、2001 年一橋大学大学院商学研究科教授を経て、2017 年より現職。
近著に『人材の複雑方程式』(日本経済新聞出版社)、共著に『世界の工場から世界の開発拠点へ』(東洋経済新報社)、『人事と法の対話―新たな融合を目指して』(有斐閣)、『健康いきいき職場づくりー現場発組織変革のすすめ』(生産性出版)などがある。

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部