J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2018年03月号

経営・人事・組織の30 年を振り返る 経営的視点を持ち 学び続ける人事・人材開発であれ

特集の最初に、日本企業の人事・人材開発の
約30 年の旅路を概観したい。
長年にわたり、この分野のコンサルティングを続けてきた海瀬章氏が
これまでの時代を1990 年代・2000 年代・2010 年代に区切り、
「経営・経済」「人事」「育成・教育研修」「組織活性化」
の4つの動向を解説。
そのうえで、未来への羅針盤となる提言を行う。

残り:5,179文字

/

全文:6,905文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


海瀬 章(かいせ あきら)氏
日本能率協会マネジメントセンター パートナーコンサルタント

1972 年、社団法人日本能率協会入職。経営教育総合研究所にて多数の企業に対し、人事・教育分野の制度設計、教育調査・研究、研修企画を支援し、自らも研修講師を務める。1994 年より日本能率協会マネジメントセンターHRM事業本部にて、企業への人事教育コンサルティングや若手コンサルタントの指導育成にあたる。現在も多くの企業で人事・教育分野のコンサルティングや講師を務めている。

[取材・文]=瀧川美里 [写真]=中山博敬、編集部