J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年11月号

OPINION3 子どもも人事もビジネスパーソンも 戦略的に遊び、想定外の場で 「情報編集力」を鍛えよ

前ページまでに、人工知能や脳神経科学の視点から、
後の変化の予測と、組織と個人が準備・対応できることを見てきた。
同じことを、ビジネスの世界から教育界に転身し、
学校教育の改革に取り組む藤原和博氏はどう見ているのか。
子どもたちや、今を生きる我々が、どういう姿勢で、どういう能力を高めるべきか。
また、企業の人事・人材開発部門ができることについて聞いた。

残り:2,916文字

/

全文:3,888文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


藤原和博(ふじはら かずひろ)氏
奈良市立一条高等学校 校長/教育改革実践家

1978 年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。元同社フェロー。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。03 年4 月から杉並区立和田中学校に都内では義務教育初の民間人校長として就任。08 年から橋下大阪府知事、14 年からは佐賀県武雄市の特別顧問を務めた後、16 年より現職。『35 歳の教科書』(幻冬舎)、『10年後、君に仕事はあるのか?』(ダイヤモンド社)など著書多数。また、この10 年で400回以上、企業や公的機関で研修や講演を行う。

[取材・文]=渡辺清乃 [写真]=編集部