J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年11月号

OPINION1 私たちは、何をどうしていきたいのか 人事がAIになる時代に 必要となる3つの能力とは

「AI」という言葉を聞かない日はない昨今、急激な社会の転換が進みつつある。
企業や、企業の人事部門は、来たるAI 時代に備えて、どういう準備をするべきなのか。
今後、必要となる能力や人材とは。
人工知能研究者である中島秀之氏に話を聞いた。

残り:3,350文字

/

全文:4,466文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


中島秀之(なかしま ひでゆき)氏
東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 特任教授

兵庫県西宮市生まれ。1983 年、当時人工知能研究では日本の最高峰であった電子技術総合研究所(電総研)に入所。協調アーキテクチャ計画室長、通信知能研究室長、情報科学部長、企画室長などを歴任。2001 年より独立行政法人化により産総研サイバーアシスト研究センター長。2004 年に公立はこだて未来大学に赴任。2016 年より現職。教育と後輩の育成ならびに情報処理研究の方法論確立と社会応用に力を注ぐ。

[取材・文]=横更寿恵・編集部 [写真]=編集部