J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年10月号

CASE 2 博報堂 打ち合わせで、役に立たない人なんていない チームで考え抜き、アイデアを生む 受け継がれる“打ち合わせ”の仕組み

「アイデアは、人ではなく会話に宿る」―。
新しい発想は誰かの「頭の中」ではなく、皆の「会話の中」から生まれるというのが、博報堂の考え方だ。
参加者全員で最高の結論を導き出す同社の打ち合わせスタイルは、
チームとして“考え抜く力”を発揮する場といえる。
そんな同社の打ち合わせの秘密に迫る。

プロフィール


岡田庄生氏
ブランド・イノベーションデザイン局 コーポレートコンサルティング部 ディレクター

博報堂
1895 年創業。以来、マーケティングやクリエイティブ、デジタル、コンサルティング、リサーチなど幅広い事業を展開。「生活者発想」と「パートナー主義」をフィロソフィーとし、ソリューション・サービスを提供する。
資本金:358 億4800 万円、連結売上高:8802 億9500 万円(2017 年3月期)、従業員数:3428 名(2017 年4月1日現在)


[取材・文]=崎原 誠 [写真]=博報堂提供