J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年10月号

OPINION2 左脳・右脳、それぞれの思考力を磨く! 個とチームで伸ばす 「考え抜く技」

問題を解決する方法には型があり、個人としてはもちろん、
組織として考え抜く力を磨くことが重要だと語る渡辺健介氏。
ロジカルシンキングやイノベーティブシンキングを国内企業で浸透させるためにはどんな姿勢や考え方、取り組みが有効なのか聞いた。

残り:2,104文字

/

全文:2,805文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


渡辺健介(わたなべ けんすけ)氏
デルタスタジオ 代表取締役社長

1999 年、イェール大学卒業(経済専攻)、マッキンゼー・アンド・カンパニー東京オフィスに入社。ハーバード・ビジネス・スクールに留学後、マッキンゼー・アンド・カンパニーニューヨークオフィスへ移籍。同社を退職後、デルタスタジオを設立(www.whatisyourdelta.com)。著書に『世界一やさしい問題解決の授業』『自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND』(共にダイヤモンド社)。

[取材・文]=佐藤鼓子 [写真]=編集部