J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年08月号

連載 中原 淳の学びは現場にあり!  第43回 全国の保育の現場を歩いた著者に聞く 女性活躍の裏で進む“保育崩壊”

「保育園落ちた日本死ね」。昨年春、ひとりの母親の匿名ブログが話題になった。
認可保育園の入園不承諾通知を受け取った女性が書いたものだ。
女性活躍推進が叫ばれる中、保育の現場では人材育成が追いついておらず、
離職、保育の質の低下が起きている。
『ルポ 保育崩壊』の著者で労働経済ジャーナリストの小林美希氏に話を聞いた。


中原 淳(Jun Nakahara, Ph.D.)
東京大学 大学総合教育研究センター准教授。著書に『職場学習論』『経営学習論』
『活躍する組織人の探究』『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長論』など多数。
Blog: http://www.nakahara-lab.net/blog/ Twitter ID: nakaharajun

取材・文/井上 佐保子 写真/宇佐見 利明

規制緩和で広がる保育崩壊

中原

我が家は夫婦共働きで、保育士さんたちには日頃、大変お世話になっています。日々、子どもの送迎で皆さんと接する中で、いろいろ思うところもあり、今日は保育園の現状と共に、保育士さんたちの採用や育成面の課題等についてもお聞かせいただけたらと思います。さて、本のテーマの「保育崩壊」ですが、今、保育の現場で何が起こっているのでしょうか。

小林(以下、敬称略)

保育の質が低下し、安心して子どもを預けられないような状況があちこちで起きています。待機児童問題の解消のため、保育園が急増する中、肝心の人材確保や人材育成が追いついていないからです。

仕事に慣れていない保育士さんが大勢の子どもを担当せねばならず、「半年以上散歩に行っていない」「対応の難しい子どもが放っておかれる」といった問題も起きています。中には子どもが情緒不安定になるケースも見られます。保育士さんが次々と辞めていく現場も増えています。

中原

大変な状況ですね。離職率は高いのですか。

小林

民営保育園では入職2年未満離職率は17%、公立で10%弱です。保育のやりがいを知る前に辞めていく人も多いです。平均勤続年数は民間の場合、5、6年程度ですね。

中原

うちの子の保育園も1年で半数の保育士さんが入れ替わりました。派遣やパートタイムも多い印象です。そもそも、なぜ今、「保育崩壊」が起こっているのでしょうか。

小林

事の始まりは2000年に行われた規制緩和です。待機児童対策のため、民間企業も保育園運営ができるようになりました。この時、認可保育園では、地方自治体から支払われる運営費を人件費、管理費、事業費の費目間で流用することが柔軟にできるようになったのです。

しかし、そもそも保育園の運営費は人件費率が高いのが特徴。少しでも利益を出したい民間企業としては、人件費を安く抑えられるという意味で、この制度はまさに好都合だったわけです。

中原

保育士さんの需要は高いにも関わらず、賃金など待遇面が改善されなかったのは、そういう事情があったからなのですね。

小林

はい。特に新規参入した民間の保育園では、人件費のかかるベテラン人材を確保できず、現場は慣れない若手ばかりになってしまいました。結果的に離職率が高まり、保育の質が低下していったのです。保育園に入れなかった母親たちがデモを行うなど、待機児童問題がクローズアップされた2013 年以降、民営の保育園数が急増し、こうした問題がますます顕在化してきました。

中原

今の保育士さんたちの状況を改善するには何が必要ですか。

小林

低賃金や長時間労働の解消といった待遇改善と共に、1人で何人の子どもを見るのか、という配置基準の見直しが必要だと思いますね。待機児童問題があるため、この部分は手をつけられていませんが、1人で多くの子どもを見なければならないというプレッシャーは相当なものがあるはず。これらの点が改善され、職場としての魅力が高まれば、職場を離れた潜在保育士も多少は呼び戻せると思います。なお、潜在保育士の数は全国70万人以上に及びます。

経験から学べない保育士たち

中原

待遇改善と共に、育成も大きな課題ですよね。一人前に成長するためには何が必要と思われますか。

小林

やはり現場の経験でしょう。保育の仕事はさまざまなケースを身をもって知り、先輩のやり方を見ながら対応を学んでいくものですから。

以前は、1年目は先輩について見習いをし、その後、0~6歳児までの担任を一通りやり、最低でも6、7年かけて一人前に育つ、というパターンが一般的でした。ところが今は、新卒でも最初から担任を持つのが当たり前。非正規職員が担任を受け持つこともあります。

中原

幼稚園教諭であれば、園児たちは午後2時か3時に帰ってしまうので、その後、仕事の振り返りをしたり、勉強したりする時間が取れますが、閉園の遅い保育園ではそんな時間もないですね。

小林

学ぶ時間も余裕もなく、「とにかく安全に子どもを預かっていればいい」というレベルに甘んじている保育園も多々あります。

中原

例えば1日の経験を日誌等に書き、経験の振り返りをして、「こういう時にはこうしたらいいよ」とフィードバックを受けるといったループをぐるぐると回していくことで人が成長し、仕事の質が上がり、組織として機能していく。これは保育園だけでなくどの職場でも同じだと思います。そういう意味では現場で指導したり、フィードバックする先輩やベテランの存在も重要ですね。

小林

ベテラン人材は公立保育園にはいますが、民間にはほとんどいません。ですので、20 代で園長に就任というケースも珍しくないのです。20 代前半の若い保育士が、30 代、40 代の保護者を相手にするのは、なかなか厳しいものがありますよ。

中原

公立のベテラン保育士を民間保育園の園長に迎えるようなことはできませんか。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,040文字

/

全文:4,080文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!