J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年11月号

OPINION 1 新技術をウォッチせよ 人材開発部門がEdTechを知り導入すべき重大な理由

「EdTech」とは、教育とテクノロジーの融合を意味する造語。このアメリカを発信源とするムーブメントが、日本でも急速に進展しつつある。にもかかわらず、社内の人材教育にEdTechを積極的に活用している企業はまだ決して多くない。そこで、日本のEdTech研究の第一人者であるデジタルハリウッド大学大学院の佐藤昌宏教授に、EdTechの企業内教育への導入の障壁と、導入のためのヒントなどを聞いた。

残り:2,897文字

/

全文:3,863文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

佐藤 昌宏(さとう まさひろ)氏
専門テーマは「デジタル技術を活用した学習効果の研究」ならびに「デジタル技術を活用して新しい教育を創る」こと。1992年NTT入社。2002年にデジタルハリウッド経営企画室執行役員に就任。同大学院事務局長、産学官連携センター長などを歴任し、現在に至る。

[取材・文]=木村美幸 [写真]=編集部